バーチャルピボット(Virtual Pivot)

Virtual Pivot_main_2.jpg

バーチャルピボット(Virtual Pivot)

srd600-pic-01_1.jpg

従来の機構ではシューズがストレッチャーボードに固定されているために足の親指の付け根に負荷がかかったり足首の関節が窮屈となることで、 パフォーマンスが最大化されないリギングにせざるを得なかった。
SRDのバーチャルピボットは、足の親指の付け根と同じ位置に設けられた回転軸によって、親指の反り返りを緩めてより力が入りやすい状態を維持できるようにする機構だ。
これにより、より理想的なリギングが従来のストロークレンジを損なわずに実現されるため、より大きなパフォーマンスを発揮することができるようになる。
さらには、ストレッチャーからボートへの力の伝達をバーチャルピボットに集約しベクトルが合わさることで、 推進の大きな妨げとなるピッチングの発生をも低減させる。