先進的なビンディングシステム

SRD600のビンディングシステム

ストラップで足を締め付けていた旧来の自転車ペダルにビンディングシステムを採用することで、快適性とペダリング効率を劇的に高めたSPD(シマノ・ペダリング・ダイナミクス)。 この、競技用自転車の世界標準ともいえる技術をRowing専用にアレンジ。着脱の容易さ、取り付けた時の安定感に磨きをかけて登場したのが、SRDのビンディングシステムです。 Rowingの世界では新登場ですが、ここには世界最高峰レベルの自転車競技で培った経験とノウハウが注ぎ込まれています。

Quick Step In / Out

smartrowing-pic-02_1.jpg

取り付けは、シューズの裏に付いているクリートを、ストレッチャーのビンディング部分に合わせて踏み込むだけ。 これで、簡単にステップインが完了し、たちまちボートと一体になって漕ぎ出すことができます。工具不要で、誰でも簡単に取り外すことができます。

※ 不意にボートが転覆した場合、動転して取り外しに手間取ることがありますので、ご注意ください。

 

Own Shoes

smartrowing-pic-06-03.jpg

SRDのビンディングシステムはまた、Rowingの風景を劇的に変化させます。 まず、容易にシューズを取り替えられるので、一人一人が自分専用のシューズを所有できるようになります。 これは、今までサイズが合わずに苦労していた漕手にパワーロスのない快適なRowingをもたらすとともに、複数のボートを同じシューズで漕ぐことも可能にします。
またシューズを他人と共用する必要がなくなり、外して洗うこともできるので、清潔感が向上。 また、シューズを履いたまま表彰台へ上がることもできますので、注目してくれるファンに、より勝利者らしい姿をみせることができます。