FAQ

購入ご検討にあたり以下のFAQ(よくあるご質問)をご参照ください。ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。
問合せはこちらから。

Shimano Rowing Dynamics について

Q  Shimano Rowing Dynamics の特長を簡単に言うと何?

A  キャッチ時、ドライブ時、ファイナル時など、その時の漕手のポジション(足の状態)に合わせて最適な角度に変化するストレッチャーです。
最適な角度に変化することにより、より推進効率の高いドライブとよりスムーズなフォワードを実現し、推進力の阻害要因となるピッチングやヒービングを低減させることができるのが最大の特長です。

Q  Shimano Rowing Dynamics(SRD) によって速くなるの?

A  SRDを使用しただけで誰もが劇的に速くなるわけではありません。 SRDは漕手が持つ本来の力を発揮させやすくし、その力をより効率的にボートの推進力として作用させます。 また、推進の妨げとなるピッチングやヒービングを抑えることでボートの伸びを1ストローク毎に少しずつ増加させることを目指しています。


製品について

Q  ストレッチャーはなぜこんなに縦に長いの?

A  各メーカーの各艇種に装着できるよう調整幅を大きくしています。

Q  ステアリングストレッチャーはありますか?

 ございます。
詳細はフットストレッチャー ステアリングバージョン KF-R601の製品案内ページをご参照ください。

Q  ストレッチャーとシューズの重量はどれくらい?

 従来の機構の一般的なストレッチャーとシューズのセットと比べて700g~1kg程度増加します。

Q  なぜ普通のシューズより重たいの?

 靴底の剛性が漕手の力を効率的にボートの推進力に伝達することに貢献することがわかっています。 そのため、靴底にはラバーソールの他に剛性を増すためのプラスティック製のミッドソールを使っているために重量が増しています。


装着について

Q  どのボートにでも装着できるの?

A  ほとんどのボートに装着できます。
ただし、取り付けに工夫が必要なボートもあります。
装着の仕方に関するご質問については「お問合せ」にて承っております。
お気軽にお問合せください。

Q  ウイングリガーでも装着できますか?

A  装着できます。ただし、艇のメーカー、年式、型式、注文時のリガーハイトの状態などにより現状のままでは取り付けできない場合があります。
また、SRDではヒールデプスを浅くすることを推奨していますが、浅くするとシューズのつま先部分がウイングに干渉する場合があります。
詳しくは「お問合せ」よりご相談ください。

Q  私のボートに本当に装着できるんですか?

A  以下の図表にてご確認ください。
併せて、フットストレッチャーサイズ確認用型紙もご利用ください。

 

faq3-3.png

リギングについて

Q  調整に必要な工具は何ですか?

A  2.5mm、3mm、4mmの六角棒レンチです。

Q  リギングの数値は変わるの?

A  現在お使いのストレッチャーと同じ数値で大丈夫です。
  ストレッチャー角度を立てたり、ヒールデプスを浅くすることも可能ですが、まずは現在お使いのストレッチャーと同じ状態
  からお使いになることをおすすめします。

Q  つま先を開いた状態でシューズを取り付けることはできますか?

A  できます。シューズの裏に取り付ける金具「クリート」により調整することができます。

Q  ストレッチャー上部を固定する箇所が直径25mm(1インチ)パイプではない場合はどのように取り付ければよいでしょうか?

A  標準では、KF-R600フットストレッチャーは直径25mm(1インチ)パイプにのみ対応していますが、オプション部品の「アダプター」を用いることによって装着が可能です。
詳しくはボートメーカーもしくは弊社宛にお問合せください。

 

メンテナンスについて

Q  使用後は、毎回シューズをボートから外す必要はありますか?

A  毎回必ず外しておく必要はありませんが、乗艇前にビンディングが機能することをご確認の上ご使用ください。

 普段の手入れは何をする必要がありますか?

A  使用後は乾いた布などで水分をふき取って下さい。
ストレッチャーのVirtual Pivotの回転軸には組立時にグリスが注入されていますので注油は不要です。
注油を行った場合、油によってはグリスが溶け出す場合がありますのでご注意ください。

 寿命はどれくらいですか?

A  ご使用の頻度や環境などにより異なりますので一概に何年とは言えません。
ただし、クリートにつきましては消耗品ですので、着脱感に異常を感じた場合は交換が必要です。


購入について

Q  どのサイズのストレッチャーを買えばいいかわかりません。

A  下記のサイズ表をご参照ください。
詳細は「フットストレッチャー製品情報ページ」をご参照下さい。

Q  シューズのサイズが合わなかった場合は交換してもらえるのでしょうか?

 返品・交換には対応いたしております。
一定の条件が定められておりますので詳しくはオンラインストアの「特定商取引法に基づく表記」をご参照ください。

 

その他

Q  ヒールロープがついていませんが、レースに出られるのでしょうか?

A  FISA Ruleは2009年版より、「手を使わないでボートから最短の時間で離脱できるクイックリリース機構をもつフットストレッチャーまたはシューズが装備されていること」と変更されております(By-LawtoRule33,2-e)。
ただし、全ての大会がFISA Ruleに則っているとは限りませんので、大会主催者にお問合せください。

 ストレッチャーの上部がボートから出っ張って邪魔なので切ってしまいたいのですが、大丈夫ですか?

 各部材とも必要な性能を出すため最適設計されており、フレームを切断すると著しく強度が低下する場合があります。
お客様ご自身で改造された場合の性能は保証しかねますのでご注意ください。

 ボート運搬中にストレッチャーのスイングアームが揺れますが、壊れませんか?

 本製品が装着された状態でボートを運搬する場合は紐等でスイングアームが動かないよう固定してください。

 Shimano Pedaling Dynamics(SPD)とShimano Rowing Dynamicsとの互換性はありますか?

 自転車とは使用条件、運動特性が異なるため、本製品はRowing専用の設計になっております。
したがってSPDとの互換性はありません。